東浦地域ねこの会

愛知県東浦町で、所有者のいない猫(野良猫)の現状に、何かできることはないかと思い、会を立ち上げました。人と猫が幸せに暮らせるように私達でできることを取り組んでいきます。
【地域猫活動】
【TNR】
【殺処分】
など、この活動を始めてから知ったような初心者ですが、素直に現実を受け止めて、少しでも悲しい猫が減るように、又、猫で困っている人が減るように活動をしていきますので、応援よろしくお願いします!

【ホームページ】https://higashiura-chiikineko.amebaownd.com/

記事一覧(61)

猫にエサやるな神話

今日はスタッフ揃ったので、ミーティング後、TNR前の外回り~。TNRする近辺のお宅へ、1軒1軒説明に伺いました。先日のセミナーでアドバイスを受けたチラシを新調したのでそれに沿って説明。ご理解を示してくれる方が多くて助かりました。でも、やはりご近所さん。猫にエサをあげている人が誰なのか、ご存知な様子。ふん尿に困っても、ご近所だし言えなくて困っていたとのことなので「不妊去勢手術をすれば時間はかかりますが、一代限りの命を全うしてその後には猫はいなくなります」と説明すると、それまでの間なら…と納得いただけました。でも、中には「猫にエサあげるなんてけしからん!」と仰る方も。なので「エサをあげないと猫はどうなりますか?諦めて飢え死にしますか?生きるために必死でエサを探してゴミをあさるようになって、余計に人の迷惑になりませんか?」と説明すると今度は「エサあげるほど猫が好きなら家の中で飼え」…。こう思うのには、長い間「野良猫にエサを与えない!」という町内のルールが根付いてしまっているからだと思います。そのルールがあるせいで、エサをあげている人が「ルール違反=悪人」と安易に決められ、「その人のせいで猫が増え迷惑をかけている」と思うのではないでしょうか?そのルールが無ければ、「どうして猫が増えるのか?」「自分は何に困っているのか?」「どうしたら困っていることを解決できるのか?」をご自身で考えられるはず。でも、現状、まだまだエサやるな神話が根付いているので、地域猫活動の趣旨を丁寧に説明をさせて頂きます。先ほどの「家の中で飼え」と仰った方にも、地域猫活動の説明をし、具体的な行動を説明すると…。「そうか、そうだな、捨てる人間が悪いな」「これ以上増えなくなるなら」と態度が変わっていき、最初は話しを聞く様子では無かった方が、結果最後まで話しを聞いてくださいました。これで、安心して野良猫を地域猫にできます♪ご近所のご理解を得たので、このあと、エサやりさん宅で対象の猫を専用の捕獲器で安全に捕獲。

愛誤・・・だと?

本日は2匹、TNRしました。私達は「地域猫活動の団体」であって「保護猫団体」や「愛護団体」ではありません。でも、どの団体の方も「動物愛護」の精神は高めだと思います。最近、ネットなどで「愛護」を「愛誤」と揶揄して批判する人間がいることを知りました。もっともらしい文章で、被害者意識だけは高く人の批判ばかりする。いちいち反応する暇もないので、その存在にビックリしただけなのですが・・・。ただ、この活動をしていて、時々出会うのです。「猫のフン尿被害に遭って困るから、猫を捨ててやった」「畑にねそべって邪魔だったから蹴り飛ばした」「子猫が生まれて増えると困るから川に流した」などと、悪びれもなく言う人。自分が困っているのなら、何をしても良いと思っているのでしょうか?上記の事例は全て犯罪です。無責任なエサやりも、確かに良くはないことです。でも、それは猫を痛めつけることより悪いことなのでしょうか?ご自身が捨てた猫のせいで、猫にエサやりをしている人が現れるのではないでしょうか?知恵がある人間なのであれば、他に方法を考えられるのではないでしょうか?愛護を「誤りの愛」だと述べる前に、本当の愛はどちらなのか知ってもらいたいです。さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回のTNR依頼者さんも、ご近所の方に猫を蹴られ、猫の命を奪われた経験のある方でした。ご主人が蹴り、その奥さんが「お宅の猫、蹴飛ばしました」とわざわざ報告してきたそうです。先にも述べましたが、一番の元凶は「猫を捨てた人」なのです。蹴るのであれば、その人を蹴るべきです。(※実際には蹴らないでね(^^;))